ldlコレステロールが気になる人は必見【体調は自分で改善する】

血管壁に蓄積します

困る男の人

悪玉と呼ばれる由縁とは

ldlコレステロールは、悪玉コレステロールという呼び名で知られています。正式には、低比重リポ蛋白コレステロールと言います。それでは、ldlコレステロールが悪玉と呼ばれる由縁についてお話しします。コレステロールは脂質の仲間で、血液によって運ばれていきますが、コレステロールが血液中に溶け込むには、リポ蛋白と結合する必要があります。コレステロールが結合しているリポ蛋白には、ldl(低比重リポ蛋白)とhdl(高比重リポ蛋白)の2種類が知られていますが、ldlコレステロールは血管壁に蓄積して、動脈硬化を起こす原因になっているのです。動脈硬化は、血液の流れを妨げ、血栓の形成を助長すると言われているため、ldlコレステロールは悪玉と呼ばれているのです。

善玉コレステロールの働き

一方で、hdlコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれています。善玉コレステロールの働きは、血管壁に蓄積したldlコレステロールを剥ぎ取り排泄するのです。hdlコレステロールとldlコレステロールの比は、1対2未満が望ましいとされ、血栓を作り脳梗塞等にもつながる動脈硬化を防ぐためには、ldlコレステロールを下げる必要があるのです。そのためには、ldlコレステロールを下げる働きがある食物繊維を豊富に含んだ野菜や海藻類、そしてオメガ3脂肪酸を含んだ青魚等を食べると良いと言われています。しかし、食事だけでは十分に摂取できないことも考えられるため、ldlコレステロールを下げる効果が期待できるサプリメントを利用する方法もあります。